地底工場

Blenderをいじくっています。

何かに打ち込んでいる人の話は面白い/アニメ規制について所見

ハマっているもの、大好きなもの

なんでもいいんですが、その人が大事にしているものの話って面白いですよね。

自分にない熱を分けてもらうような感覚になります。

 

何かに打ち込む事ってそれ自体が才能みたいなもので

それを見ていると純粋に楽しい気持ちになります。

ついさっきもアイドルファンの方のライブレポートをじっくり読んでいました。

そのグループのファンでも、アイドル好きなわけでもないんですけどね・・・。

 

釣りレポートとか、生き物捕まえた!とか、そういう系も面白いですね。

生き物は特別好きではないんですが、ちょっとした冒険気分になれます。

 

 

少し逸れた話になりますが、オタクって未だに社会の嫌われ者なんですかね?

そんな感じの話を見かけて気になったので、ちょっと調べてみました。

・・・

どうやらフェミニストがオタクを目の敵にしているらしい。(嫌いそうだもんな・・・)

女性の権利とかについて叫ばれている昨今、これはでかいですよね。

もう少し突っ込んで調べてみたら

「アニメは子供向け。だから規制しないと悪影響」

みたいな意見があるみたいです。

※なんか一昔前までの"ゲームは子供向け"と同じですね。

 その辺の認識のズレがあるんだと思います。

 

ここでの規制するべきものとは性的な表現等です。これについては子供への悪影響のほか、犯罪行為のきっかけになるからという意見があるようですが・・・。

そんなのは建前で、これは嫌悪から来ているものだと私は思います。

何故か?それは私も同じものを感じたことがあるからです。

 

なんか野郎が飯食って火照ってるーーーッッ!!!

 

私が見かけたのは男性がご飯を食べる漫画の表紙です。最近?人気なグルメ系漫画です。ただのグルメならいいんですが、何故か表紙の男性は食事中にイッてるんです。

その時は意味が分からなくてすごく気持ち悪いなと思いましたね。

男が性の対象とされているとハッキリ意識させられるのが不快だったんでしょう。

その後、これはアニメ嫌いな女性が感じているものと同じなんだと気付きました。

 

つまり、個人の好き嫌いを元に規制をするという話をしているんじゃないかと思うわけです。気持ちは分かるけど、嫌いだからってどうこうしてやろうというのは分かりませんね。

子供への悪影響と言う部分には一定の配慮が必要だと思うので、対象年齢区分を表示する等の対応があるといいかもしれませんね。それこそゲームと同じように。

 

長くなってしまった!以上!