地底工場

Blenderをいじくっています。

Blender ランプの設定

レンダリングした画像の見栄えに大きく影響するランプについてです。

 

ランプの種類

・ポイント

指向性の無い(全方向への)ランプ。

f:id:anchara-review:20170616113809p:plain

 

画像では2体のモデルの間にポイントランプを設置しています。

設置点からどちらのモデルに対しても光を放っているのが分かります。

 

 

・サン

光源の位置に関係なく、一定方向へのランプ。

f:id:anchara-review:20170616114658p:plain

モデルより下に光源がありますが照らされていますね。

これは光源が遥か遠く(それこそ太陽のよう)に設置されているかのように

振舞うからです。

 

・スポット

指向性の円錐状ランプ。

f:id:anchara-review:20170616115043p:plain

こんな風に面白い光の当て方ができます。

スポット形状のサイズ、ブレンドの値によって光の調整もできます。

 

・ヘミ

サンに似た、一定方向へのランプ。

サンと違って影ができません。

f:id:anchara-review:20170616115736p:plain

下から照らしたらなんだか面白いことに。

 

・エリア

指向性の面状ランプ。

スポットの丸くない版、と考えていいでしょう。

f:id:anchara-review:20170616115941p:plain

モデルの間にエリアランプを左向きで設置。

左側のみ照らされているのが分かると思います。

ポイントと使い分けると色々工夫できそうです。